BACKGROUND

「GREEN」設立理念

Now is the time to unite the world with
SDGs(=morality:greener life),
and call for action to the next generation.
The future of the earth is up to us.

Ten years to transform our world,
the SDGs are a connection to all humanity.
Think of SDGs as a "personal problem".

AIMING FOR

GREENが目指すこと

VISIONARY, CREATE A CHAIN REACTION
:pushing forward to sense the warmth of people that underlies of SDGs
=boost Japan’s international stature

ABOUT

GREEN

目的Purpose

By establishing GREEN, we promote various initiatives related to the SDGs.

主な活動Activities description

GREEN becomes the hub of the SDGs in Japan and do the following activities.

1.産学官民をツナグ連携および社会課題を解決するイノベーション(新しいアイディアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自発的な人・組織・社会の幅広い変革)の協創(互いの個性や価値観を認め合い、ゆるやかにつながり支え合うことで、より一層力を発揮する仕組み)
Collaboration to connects industry-academia-government-private sector. Innovation through Co-Creation that solves social issues.
2.持続可能な開発に資する木材の有効活用
More effective use of wood for a sustainable world
3.持続可能なまちづくりの推進
Promoting sustainable city
4.SDGsに関する教育活動
Educational activities related to SDGs
5.農林水産、環境、教育、文化、芸術、芸能、エンタテインメントをツナグ連携
Cooperation to link agriculture, forestry and fisheries, environment, education, culture, arts, performing arts, and entertainment
  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなにそしてクリー人に
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と校正をすべての人に
  • パ―t-ナーシップで目標を達成しよう
法人名 GREEN Association
所在地 港区、御成門
設立 令和3年3月3日
銀行 三菱UFJ銀行本店
MEMBER

メンバー

武田 佳代

武田 佳代Kayo Takeda

代表:港区生まれ、慶應義塾大学文学部、UCBerkeleyでの異文化コミュニケーションに感銘を受け、外国語教育に従事したのち、外務省中南米局南米課にて2016リオ五輪に携わる。2018年、国際文化交流における公園を軸に新たな価値を創造していく公園環境創造事業、株式会社SOUL FOOD JAPAN設立。


本郷浩二 Kouji Hongo
金沢市生まれ、京都大学農学部林学科、林野庁長官、全国木材組合連合会副会長。



山本泰人 Taito Yamamoto
中央区生まれ、慶應義塾大学経済学部、株式会社山本海苔店副社長、中央区長。

青山雄大 Yudai Aoyama
中央大学法科大学院、中田敦彦秘書。

中村仁亮 Kimiaki Nakamura
京都大学法学部、公認会計士・税理士。 https://iges-japan.jp/company/greeting/

(理事5名、社員2名、監事1名)

The concept of SDGs village

NEWS&TOPICS

ニュース

202402.19

東大新課程「カレッジオブデザイン」

昨年、GREEN武田(理学部)も学ばさせていただいた東京大学が、2027年秋より5年制新課程を創設。欧米の有力大学を参考に、学部の4年間と大学院修士の1年間を合わせた5年制。5年間のうち1年間は留学(人格形成に大きな影響がある時期を海外の多様な環境で過ごすことには価値がある)や企業でのインターンシップ(先輩から経験談を聴けることには価値がある)等、学外での学びを課す方向。

脱炭素に向けた研究開発なら、自然科学の知見だけでなく、法律やビジネスなども横断的、体系的に学び、解決に向けた戦略や新たな価値の創造を目指す。世界中から優秀な学生を集めるため、米国同様秋入学とし、授業もすべて英語。学部や専攻分野にとらわれない自由な学びの場を提供し、多様な学生が相互に刺激し合えるキャンパスを創出。

202402.14

☆GREENfood ➄木粉「woodflour」

捨てられてしまう紀州材端材に、手作りチョコとマシュマロをディスプレイしてみました。チョコのトッピングはナッツではなく、高野山六木の枝葉です(あくまで枝葉は飾り)。チョコレートには「木粉woodflour」が入っています。木財のサステイナブルとしてショコラティエにもHAZAIを使用していただくよう働きかけます。

和歌山県「きいちゃん」

202402.09

2024脱炭素経営

【官民連携】地域脱炭素推進・脱炭素経営セミナー 

GX政策と水素を巡る最近の動向について

①経済産業省資源エネルギー庁

水素・燃料電池戦略室長

②米国クリーン水素戦略の展望と現状 

米国エネルギー省(DOE)Director, Hydrogen and Fuel Cell Technologies Office, Coordinator, DOE Hydrogen Program

202402.06

☆GREEN, happy anniversary!

2015年よりSDGsを推進してまいりました。当時はビジョナリーが強すぎたようで、「宇宙語を話している」となかなか理解していただけませんでした。SDGsは南米コロンビアから。本来は「先進国が発展途上国を助ける、困っている人に温かい手を差し伸べる」というのがSDGsの概念です。

鉄筋という常識から逸脱し、脱炭素に貢献し得る施策の一環として「木になるビルGREEN」プロジェクトを発足させました。困難の連続でしたが、足りない部分を補ってくれたGREENメンバーに心から感謝します。Thank you for believing in us all the way to the end.

そして、GREENは3周年を迎えます。なんとか好転の芽、希望の芽が見えました。新しい挑戦を通じて成長するために、GREENは次なるステージへ!

株式会社SOUL FOOD JAPANが「木になるビルGREEN株式会社」に!

「creation」とは夢をデザインする私達の行動。創造による見えないエネルギーが新たな境地を切り拓きます。

それぞれが有する強みを結集しながら、より一層の連携を深めていくために協業関係を強化していきます。

202402.05

聖心女子大学「はなはなSDGs」

2月5日は笑顔の日(笑うとナチュラルキラー細胞がパワーup!)。4年ぶりのご招待をありがとうございました。在校生と卒業生を混じえての交流に、縦のつながりを大切にしたいと感じてくれました。

*はなはなSDGsとは「聖心女子大学でSDGsを知らない学生をゼロにする」という目標を掲げ、活動している学生団体。

202401.30

北鹿地域林業成長産業化協議会

「秋田スギ製・はちくんコースター」に当選しました。秋田県立比内支援学校の皆さんが製作。ありがとうございます。

202401.25

☆GREENmusic ➃木歌「woodflavor」

Words and Music and piano by GREEN🎵

『woodflavor』

そこに在るだけで

すべてのわたしたちを受け入れてくれる

そのぬくもりから感じた未来に

わたしたちは包まれる

woodflavor

ヒノキ ケヤキ クスノキ …

woodflavor

スギ ナラ クリ ブナ ヒバ…

たのしいフレイバー

おいしいフレイバー

How to add “woodflavor” to your life

202401.04

長谷川萬治商店

新年最初のご面談は日刊木材新聞社の素敵な社屋を建設したHASEMAN。

https://www.haseman.co.jp

DLT(Dowel Laminated Timber)という製材を並べて穴をあけ、木ダボを差し込むという、とてもシンプルな工程で製造できるinオフィスを見せていただきました。接着剤や釘を使用せず、木ダボのみで接合しているため木材100%の積層材です。都心の古ビルはニセモクの新建材ではなく、ホンモクのDLTで木質化していくという選択も!

202312.31

☆GREENmusic ➂木歌「ボクはボク」for HAZAI

持続可能な端材普及の一環として、端材サステナソングを創りました。

Words and Music and piano by GREEN🎵

『ボクはボク』

ステルトコナイヨ

ステルトコナイヨ

ボクは木(boku)

主役じゃないけど

ボクは木(boku)

枝葉EDAHAはカワイイアクセサリ

捨てるわけないヨ

端材HAZAIはステキなディスプレイ

捨てるとこないヨ

目に見えるコトがホントなのかな⁇

大人になったら忘れちゃうのかな⁇

みんな一緒に手をつなGO♪

忘れちゃダメだよボクのこと

端材:G.WORKS紀州材

岡崎製材株式会社「HAZAI®project」

https://okazaki-seizai.shop/blogs

202312.19

☆GREEN「木セキ」掲載

林政ニュース(12月20日)に掲載されました。

202312.16

☆GREEN イマーシブwoodエンタメ「感覚性能」

木財と森林の新しい価値創造。思考変換モデルの構築。柔軟に融合・連携。

真のイノベーションを創出するためには「忖度」ではなく「感覚」、To tackle problems!

松原輝和(顧問)、武田(営業)

202311.24

☆GREEN協創パートナー TEAM EXPO 2025

11月30日、東京での機運を高める「大阪万博500日前イベント」ミャクミャクとインスタ!芝公園

(万博とは)地球規模のさまざまな課題に取り組むために、世界各地から英知が集まる場です。

https://team.expo2025.or.jp/ja

関西ローカルでなく、東京からも世界へつないでいこう!

【内容】ミャクミャクが大阪からチケットを運んでくる!東京のシンボル「東京タワー」「スカイツリー」をミャクミャクカラーの赤青にライトアップし、記念撮影。

https://www.expo2025.or.jp/news

【GREENへの御協力】

サントリー「GREEN DA・KA・RA」

https://www.suntory.co.jp/softdrink/

福岡・大川家具、日本の匠「WATAI」

https://kagunews.co.jp/page/detail/

ご協力いただき本当にありがとうございました!

202311.08

☆純木造グリーン水素ビル「木になるビルGREEN」プロジェクト④

すべては日本の価値を上げること。

身体や住環境に優しい純木造グリーン水素という最新の選択。

The world is at the dawn of a new age by us!

木は光合成により、空気中のCO2を吸収し酸素を排出します。木の中に取り込んだ炭素は燃やさない限り木の中に蓄え続けるため、木材を使った建設・製造時のCO2排出量は鉄やコンクリートに比べ皆無。嗅覚は直接本能に有効作用します。

令和になっても、酷暑になっても、建物を鉄で建て続ける意義があるのか。全ての建造物が人為的なら、すでに答えは出ているはず、、アップデートは必須!

We look at the global rise of timber as a low-carbon building material.

大林組

https://www.oyproject.com

https://www.bloomberg.com/news

グリーン水素

大分県で日本初の方法で水素を製造。温泉より深い地下から吹き上げた高温の蒸気と熱水から取り出した熱エネルギーでタービンを回し、電気を作り出し、水を電気分解して水素を作り出す。水素をタンクに詰め「運べるエネルギー」へ変えたことで、よりスピーディーにエネルギーの活用が可能。

https://www.obayashi.co.jp

経済産業省 グリーン成長戦略

https://www.meti.go.jp

木を活かす建築推進協議会

http://www.sendo-shien.jp

環境省 地球温暖化対策事業室

https://policies.env.go.jp/policy

脱炭素社会構築に向けた再エネ等由来水素活用推進事業https://www.env.go.jp/content

北海道環境財団

https://www.heco-hojo.jp/yR05/suisos/adopted.html

NEDO

https://www.nedo.go.jp

【みずほFG、SDGs金融】

スタートアップ・エコシステムの創出。

みずほFGはAIを使った新興企業向け融資を開始。担保ではなく事業が生み出す収益力を評価。従来の銀行の基準では融資の対象から外れがちだった新興企業の資金調達の選択肢を広げてくれるので、スタートアップの新卒にも寄り添ってくれます。

GX(脱炭素の取り組みにより、経済成長も出来るような社会構造に変えていく考え方)の実現につなげられるよう一層邁進いたします。

202310.30

木の国わかやまツアー

県のご招待で紀州材視察に行ってまいりました。和歌山の温かさに触れたことで、木とは何かが分かったような気がします。

木造部屋からの白浜

https://umitubakihayama.com

6000㌶の山林を所有する山長商店。

https://yamacho-net.co.jp

檜を眺めながらのピクニックをありがとうございます(シカの親子に遭遇!)。

檜と会長

伐採、運搬中

子供たちに木の温もりや優しさに気付いてもらうことと、将来も思い出の施設として地域の人々に愛されることを願う木造小学校。

紀州材数寄屋造り(会長宅)

「木セキ」に展示中のロッキングチェアを製作している龍神村G.WORKS

世界にひとり、岡本帽子店の木糸hat

ネッツトヨタ和歌山(社長)

マルカ林業

https://maruka-forestry.com

202310.18

東京プリンス「Green Sustainable Stay」

10月18日(水)〜2024年3月31日(日)

国産間伐材を再利用した木糸パジャマや木製歯ブラシ、木曽檜の蒸留水で作られた歯磨きジェルを体験いただくスイートルームステイ!

https://www.princehotels.co.jp/tokyo

202310.14

☆GREEN style 新しい衣食住のカタチ

「多くを所有しない暮らし」

クローゼットの大量の服、パントリーの食べない食料、物で溢れかえる住居。大切なのはモノではなく、考え方です。

不要な消費をやめ、本質を見抜くこと。

もしも明日大地震が来るとしたら⁇

今日することはひとつ!

大切な人、側にいてくれた人に感謝を込めて温かなハグをすること。だってこれがあなたが持っている1番の宝であるから。

So, from today on!!

202309.14

☆GREEN「木セキ」掲載

家具新聞9月14日号に掲載されました。

https://kagunews.co.jp

202309.13

⭐︎GREEN Hongo「持続的な地域の創造」

『ウッドファースト社会』建築に限らず物事をなす際に、まず木材を使うことを優先して考えることが当たり前というか習慣づけられた社会を意味。木材が生活・文化の中心にあった日本で、石油製品から作られるプラスチック、鉄、アルミ、ガラス、などさまざまな便利な大量生産できる素材にとってかわられたのが戦後の昭和、平成の世の中だったとすれば、令和は木材が人間と環境を好ましい距離に置く素材として、私たちの社会生活や暮らしの中で使われる分野を拡大していく時代。

https://honchikojisitenji.wixsite.com

202308.30

☆GREENbeauty ➁木水「モクスイキュービック」

We just launched our toner brand to enrich your heart and skin.

木水「モクスイキュービック」

商品企画・販売:GREEN

開発・製造:Chieko Katsumi

「12. つくる責任 つかう責任」

リラックスできるヒノキに、美白・抗炎症効果のあるマツをプラスしたwoodトナー。どんな肌質にも使え、作りたてを使用する無添加モクスイキュービックが完成しました。ボトルレスでサイコロサイズ。技術開発で日本が再び世界一になるための新しいものづくり第二弾!

【陸と海をツナグ!水のように馴染むモクスイ】として、国産材に付加価値を付けていきます。

2024年春、三越日本橋本店pop upにて販売。

202308.29

☆GREENmaison ➀木服「GREEN T」

We just launched our brand to get cozy.

O₂U®️(eau to you) ネーミングコンセプト:あなたのための水、H₂O

ロゴイメージ:水を与える青い鳥

木服「GREEN T」

https://greeno2u.base.shop

商品企画・販売:GREEN

製造:Masato Abe

「12. つくる責任 つかう責任」

地球環境への負荷が大きいと言われているアパレルでは人や環境に優しい服作りが課題。世界初、「木服」が完成しました。技術開発で日本が再び世界一になるための世界を見据えた新しいものづくり第一弾!

木は呼吸(製材された後でも湿気を吸ったり吐いたりして湿度を調整)するため、すぐに乾くので一日中サラサラ。首周りにはSDGs17カラーを配色。五感で感じる木服を着ることでリラックスできます。リトリートでリフレッシュ!

現在GREEN Tは「木セキ」プリンスのみ販売(2024年春、三越日本橋本店にてpop up開催)。

サントリー 天然水の森

https://www.suntory.co.jp/eco/forest/


CONTACT US

お問い合わせ

お名前必須
メールアドレス必須
要件任意
お問い合わせ内容必須